キンサクプログラマー

お金儲けと技術のメモ

話しかけられすぎて集中できない

f:id:pikurusux:20171116221803j:plain

仕事中に話しかけられすぎて集中できない。
いや、 べつに雑談目的で話しかけてくるアホがいるわけではないが、5〜10分おきに何かしら持ちかけられる。

「仕様を変えたい」

「進捗どう」

「バグってます」

「このリストを埋めといて」

「打ち合わせだよ」

「○○教えて」

・・
・・

ぅ。  ぅるせえええええええええ
その場で回答できる内容ならまだしも、ちょっと調べなきゃいけない内容とか、簡単だけど実装が必要な内容とか。
簡単だと思ってガンガン積んできてんじゃねぇ。


文章書くよりも集中しないといけないのに、こんな環境でプログラミングすんの無理だわ。
静かに集中して仕事したい・・・

Google Home Miniがなかなか良いぞ

AIスピーカーをこの度やっと買うことができたのでレビューを残す。

Google Home Mini

10月23日に発売になったGoogle Home Miniを購入した。

Google Home 14000円
Google Home Mini 6000円

本体サイズ

高さ3cm程度、縦横8cm程度と小さい。マウスくらいしかない。

電源

マイクロUSB。USB typeCではない。

音量

一人暮らしのリビングで使うには十分。使ってみた感じ音量1〜10のなかで、3で十分だった。
音質についてはGoogle Homeと比較すると重低音が劣るようだ。
僕の場合、もともとスピーカーを持っておらず、音楽を聴く場合もPCから流していたくらいなので微塵も不満はない。

音楽

Google Play MuisicかSpotifyを連携しないと流せない。これはいまいちかもしれない。
Apple Musicで月額契約していたけど、Google Homeで流すためにGoogle Play Muisicに乗り換える予定。

Youtube

Chrome Castがないと連携できないみたいだ。
うちのテレビのHDMI端子が空いてないのでこれは厳しい。音だけでも流してくれたら良いのに・・・

音声認識

すこし、誤認識はするが認識については及第点かも。
おそらく、認識はできているが、解釈して正しい解凍する能力はまだまだ低そう。

できること

  • 天気を聴く
  • 音量下げて
  • ニュースを聴く
  • 音楽を流す
  • 今日の予定は?
  • ドル円相場いくら?
  • 安倍首相って何歳?
  • 白石麻衣って何歳?
  • 今年の直木賞受賞作品は?
  • 目覚ましセットして
  • 10秒カウントして
  • Tokyo FM流して
  • 日本の人口は?
  • スプラトゥーンの発売日は?
  • リビアの首都は?
  • 10月1日は何曜日?

できないこと

なんか間違ってること

  • 今年は平成何年? → 1989年1月8日です。 

まとめ

適当に色々やってみたが、思ったより色々できた。
乗り換え案内ができないのは少し痛いが、アップデートで賢くなってくれることを期待。
個人的には良い買い物だったと思う、音声IFの普及に期待。


store.google.com

コンデジもミラーレス一眼だよ

f:id:pikurusux:20171026005539p:plain
カメラを持ってないし、買ったこともないけど、なんとなく腑に落ちないのではっきりさせておきたい。
大半のコンデジもミラーレス一眼であるということを。
(注)ミラーレス一眼とかいう売り方が気にくわないおっさんの戯言

一眼レフとは

以下参考。
cweb.canon.jp
ご存知かと思うが、ファインダーから覗く像とフィルムorセンサに投影される像が同じになるように、
ミラーの上下運動によりファインダー⇄センサへの投影を高速で切り替えるのが一眼レフ。
ファインダーから覗く画像と実際に撮影される画像がタイミング的にも光学的にも近いものが撮影可能。

コンデジとは

コンパクトデジタルカメラ
その名の通り小型デジタルカメラ・・・。 

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

ミラーレス一眼

一眼レフに搭載されているミラーを取り除くことで、小型化したカメラ。
というのが名前通りの説明。このままだとコンデジと差分が見えない。
じゃぁなにが違うのか?という話になるが、この疑問に対して様々なサイトで「レンズ付け替え可能な点」、「センサーサイズが大きいな点」という説明を目にする。
でもこれって、「ミラーレス一眼」という、「一眼レフからミラーを取り去ったカメラ」と「コンパクトデジタルカメラ」の違いを語ってはいない。

最大の問題

説明的な名前が悪い

「一眼レフはでかくで嫌だけど、高画質の画像を撮りたい」ってユーザ向けに差別化して売るためにつけた名前なのだろう。
しかし、ここでつけてしまった「ミラーレス一眼」という説明的な名前は、差別化したいコンデジも当てはまってしまう。差別化を測りたかったのなら「レンズ交換型」とか「ワイドセンサカメラ」とか、違いを説明できる名前にするか、全く関係ない名前をつけるべきだったよね。

いや、ただそれだけ。

Visual Studio Code まとめ

f:id:pikurusux:20171028163924p:plain
家ではVisual Studio Codeを使っているが、仕事ではいまだにEmacsを使っている。
Emacsコマンドや使い勝手に慣れてしまっているせいだが、vscodeと比較して不安定だったり、遅かったりするので、仕事でも乗り換えたい。
Atomも検討したがだいぶ遅く感じたのでやめた。

(比較してる人もいるみたい↓)

ryuta46.com

コマンドをユースケースを想定毎にまとめておく。

1 起動→ファイルオープン→コードを読む場合

  1. コマンドラインから code . かwindowsボタンの検索窓で code かで実行開始
  2. フォルダオープン  Ctrl+Shift+O
  3. ファイル検索    Ctrl+P
  4. 画面分割      Ctrl+1,Ctrl+2,Ctrl+3
  5. 定義へ移動     F12
  6. 参照元へ移動    Shift+F12
  7. シンボル検索    Ctrl+T

2 編集

  1. zenモード(全画面)  ctrl+k ctrl+z(F11)
  2. シンボル編集  F2
  3. マルチカーソル     ctrl+alt+↓ alt*¥+マウスクリック 
  4. サイドバー表示/非表示 ctrl+B
  5. ファイル内検索     ctrl+F
  6. ワークスペース内検索  Shift+ctrl+F

公式ドキュメント

vscode-doc-jp.github.io

随時更新予定

らくらくメルカリ便を利用してみた

そもそも、メルカリ自体利用が初めて。
というか、ネットでものを売るのも初めてなので、年甲斐もなくドキドキしてしまった。
この記事によって、自分と同じようにネットでものを売ったことがないけど、売りたい!という人の後押しになればと思う。

登録

特に書くこともないが、スマホアプリorWebサイトから登録が可能。
Googleアカウント、facebookアカウントでのアカウント作成もできる。
必要な情報は

  • ニックネーム
  • メール
  • パスワード

くらいで、取引を行う際に住所、名前などが必要になってくる。
クレジットカード登録をしなくても問題ない。

出品

右下の出品ボタンから、出品画面が開ける。
f:id:pikurusux:20171025071610p:plain

  • 写真
  • 説明
  • 送り方(普通郵便、メルカリ便等)
  • 価格

以上の入力で、出品が可能。
説明、写真はトラブルを起こさないためにも、多くの情報を載せた方が良い。

ユーザとのやりとり、取引成立まで

ここまでくると、ユーザーとのやりとりが発生する。
お知らせ、やることリストにサインがついたらユーザからなんらかのアクションがあったかもしれない。
f:id:pikurusux:20171025072143p:plain

いいね

商品にいいねがつくことがある。ブックマークみたいなもので、「いいね」した人のいいねリストに入るらしい。
後から参照するために使うらしい。

「いいね」すんなら買えよ。 と誰しもが思う。

コメント

たいていが、値切りや交渉(〇〇もつけて)。
たまに、値切り→交渉してくる輩もいる。
値切りを想定して出品時は想定の1.3~1.5倍くらいつけるのが無難かもしれない。

めんどくさいけど、誠意を持って対応しないと不信感をもたれてしまうので注意。

購入

買い手がつくとやることリストにチェックがつく。
できるだけ早く対応しないと、メルカリから最速の通知が飛ぶ。

発送

の、前に梱包。
まとめ売りをした商品だったので、ダンボールにプチプチをしいて商品を入れた。
傷がつかないように注意したが、状態が心配。

配送はらくらくメルカリ便を利用した。

流れ

らくらくメルカリ便を指定している場合に購入者がつくと、やることリストの画面からメルカリ便の発送用二次元バーコードを出すことができる。
バーコードを印刷orスマホの画面をファミリーマートにあるfamiportにかざす。
スマホによってはうまく認識されなかったりするので、その場合は、画面に表示されているIDとパスワードを入力することも可能。
コンビニ支払い用レシートが出てくるので、レジに持っていけば店員さんが手続きをしてくれる。
www.family.co.jp

その場で、重さとサイズを測り、領収書と荷物に貼るシールをもらう。
シールを貼ったらおしまい。相手の住所も知らないし、自分の住所も相手にはバレないらしい。

支払いは売り上げから引かれるが、送料がいくらかかったか領収書には書かれていなかった。
送料の方が高くてメルカリのアカウントから徴収できない場合どうすのか、いろいろ疑問は残ったが、発送自体はめちゃくちゃ楽だった。

まとめ

発送自体は超楽。
ただ、取引が成立するまでの間に値切り交渉とかが発生するのがうざったかった。
コメント欄に書いとけばそういった無駄を排除できるのかもしれない。

いらないものはどの家にもあると思うので、捨てるくらいならメルカリに出してみてはいかがだろうか。

pythonでtarファイルの展開、gzの解凍

あんまりまとまってなかった気がしたので、覚書。

tarファイル展開

archive_name = "example.tar"
tar = tarfile.open(archive_name)
tar.extractall()
tar.close()

gzファイル解凍

file_name = "example1.txt.gz"
with gzip.open(file_name,"rb") as f:
            d = f.read()
            with open(file_name[:-3],"wb") as txtfile:#gzを消す
                txtfile.write(d)

おまけ カレントディレクトリのgzファイル全解凍

f_lst = os.listdir(".")
for file_name in f_lst:
    if file_name[-2:] == "gz":
        with gzip.open(file_name,"rb") as f:
            d = f.read()
            print(file_name[:-3])
            with open(file_name[:-3],"wb") as txtfile:
                txtfile.write(d)

なんかこんな無駄なことしないでも、できる方法がありそうだが、見つからなかったのでとりあえず。