読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンサクプログラマー

お金儲けと技術のメモ

そういえば、start up weekendに行ってきた話

 start up weekendに参加した(5・6・8月どれか)。結果は振るわなかったが、普段会社員として働いている僕にとっては非常に大きな刺激になった。多少時間もたったので振り返ってみる。

Start up weekend ってなんぞや

 公式から引用すると・・・

 スタートアップウィークエンド(SW)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 tokyo.startupweekend.org

 要は3日間の起業体験。ただし、基本的にルールは存在しないので、3日間でビジネスを作り上げればいい。
助っ人呼んでも良いし、外で開発しても良い。とにかく儲かりそうなアイデアを形にして示せた人が勝つ(多分)。
日本各地でやっているみたいだけど基本的に東京開催が多いみたい。

僕が参加した理由

  1. 金儲けしたい
  2. 動いて儲かる物を作りたい
  3. 普段会うことがない他業種のエンジニアと開発したい

ってのが主なモチベーションだった。
家で開発しててもあんまり面白くないので、金儲けを考えて一緒に作ってみたかった。

イベント前

webエンジニアでもスマホアプリエンジニアでもないので、ハッカーとしての能力は発揮できない。
だからといって他の才能もないので、start up weekendで使いそうな技術の予習をしようと思っていた。 が

気付いたら当日になっていた。

もう、この際役割は何でも良いのでピッチネタを考えようと思った。
*ピッチとは、ビジネスアイデアを考えて発表して仲間(投資家)を集めること

イベント当日

ぐぬぬ、なにも思い浮かばん」な状態で仕事を終了。
会場へ向かった。
懇親会がスタートし参加者の人たちと話てはいたが、なにも思い浮かばず。
結局ピッチをしなかった。
いまとなればピッチをすればよかったなぁと後悔。

サービスを考える

かなりモワッとしたテーマで始まったので、どういった手段で課題を解決するのかからはじまった。
チームによっては、課題・解決手段・儲け方法まできまっているようなチームもあった。
僕のチームは以外と小さなところで意見が割れていたが、みんなポリシーを持っていた。

反省点

反省点はたくさんある。時系列であげる。

ピッチすればよかった

なんだか勝手に「目から鱗のアイデア」を出さないといけない場だと思い込んでいた。
実際は目から鱗タイプのものから普通のアイデアもあったので、参加するのであればピッチはした方が良いなぁとおもった。
「そんなん、普通にあるよ」
言われたっていいじゃない。

さっさと作って試せばよかった

 これを作る!っていうのが決まるのが遅かったので、結局作るまで行かなかった。
「3日間で起業する」っていうことなのだから、すぐに作って、試して、作って、試してを繰り返すべきだったなぁ。
とは思った。 
わかってることは分かるし、個人によって意見が割れるようなことは試さないとわからない。

検証をやりたかった

考えたサービスに対する検証がちゃんとできなかったなぁ、と思う。
ただ、3日という超絶限られた時間での検証はなかなか難しい。

「アプリ作りました〜。 みなさん使ってくださ〜い」

って言っても僕の周りに、使ってくれるような人は数人しかない。
街頭調査する方法もあるけど、どちらにしろサンプル数は限られる。

そこそこPVがあるブログを持ってる人はブログ上で宣伝すれば良い検証ができるかもしれない。

参加を考えてる人に一言

参加する前に躊躇していた人間だったので、僕と同じような人に一言。

特別な能力がない・・

 start up weekendでは最初に自分の役職を決めるけど、実際の作業がはじまると何も関係なくなります。
Hackerとしてのハッキング能力の高さも、Designerとしてのデザイン力も、Hastlerとしての顧客開発力も別になくても良いです(あったほうが良いけど)。
なので、「楽しそうだから、参加しよう」で良いと思います。

参加費9000円もったいなくね?

別に3日間で得るものがあろうが無かろうが、金額的には損はないです。
なぜなら、3日間で7食の食事がでるし、そのうち2回は酒が出るパーティだから。
その他の時間もペットボトルの飲み物が無料だったので、3日間生活するのと対して変わらないです。

最後に

 普段会わないような人たちと会って話すことができたのが何より大きかった。
3日間で仲良くなったり、仲悪くなったり、休日になにしてんだろ・・・ って思うこともあったけどダラダラ過ごすよりは良いので、気になってる人や儲けのアイデアがあるけど披露する場がない!、仲間がいない!って人はぜひ。