キンサクプログラマー

お金儲けと技術のメモ

2万円台のスマホは3世代前のiphoneにも劣るから気をつけろ

最近では格安simを使っている人も増え、キャリアを離れる人も少なくないだろう。
僕はというと、1年前くらにiphone5に別れを告げ、再びandroidに舞い戻った。端末代を含めて月額3000円という、格安運用を実現して満足をしたのもつかの間、予期せぬストレスに悩まされることに。

カックカクやないかーい

僕が購入したのはこちらZenfone laser 2

当時も今もそこそこ評判は良いみたいだが、iphone5という化石モデルあがりの僕ですらカクツキを感じた。3Dのレンダリングをするゲームならまだしも、ニュースあぷりとかですら動きがあやしい。
最新CPUだのクアッドコアだのというキャッチーな謳い文句に乗せられた僕が馬鹿だったようだ。

ベンチマークを見て戦慄

「お前の携帯カックカクじゃね?」
たのでベンチマークを調べることにした。
とりあえずAntutuがメジャーらしいのでこちらで測定。
play.google.com

26462という結果になった。この情報をもとに、自分のスマホの立ち位置を調べたところ驚愕した。
iphone6s 130000
iphone6 80000
iphone5s 60000
iphone5 30000

なんと前使っていたiphone5よりも遅い。買い換えた意味がない・・・

いまの格安スマホは?

言わずもがな1万円台のものは、zenfone laser2なんかよりもっと遅い。
おそらく、そこそこ重いゲームはできないだろう。また、評判の良いzte blade v580とかもベンチマーク的には30000程度と、iphone5並なので、嬉々として買い換えると絶望すること間違いなしだ。

今買うべきスマホは?

3万円を切るようなスマホはどれも同じかと思いきや、良さげなのを見つけた。
中華スマホ Xaomi redmi note3  2万円台前半だがiphone6に近いantutuスコアと(ベンチマークにこだわりすぎか・・)指紋認証が付いている。

中国製だとなにかと爆発したり、データをぶち抜かれたりしそうだが、気にしない人にとってはおすすすめだ。