キンサクプログラマー

お金儲けと技術のメモ

32bit CPUでの開発は限界が来ている

f:id:pikurusux:20170517121513j:plain
依然としてうちの職場では32bitCPUを使い続けている。理由は多分自社製のアプリや古いソフトが32bit版しか対応していないor検証できていないからだ。役所や古い企業だとよくある話だと思う。
事務作業をするだけでなく、プログラミングも3D CADも全部32bit版で動作しているわけだが、そこそこのCore i7にもかかわらず動作が重い。おそらくRAMが限界なのだろう。

32bit CPUのRAM領域

あたりまえだが、32bit と64bitだと記憶領域や計算領域のサイズが異なる。
32bit は4GB程度
64bitなら16EB(単位 G(ギガ)->T(テラ)->P(ペタ)->E(エクサ))
まで扱うことができる。
ムーアの法則が復活したとしても32年以上は使用可能なサイズだ。そこまでいらないにしても、32bit CPUの取り扱う4GBという領域は業務を行う上ではあまりにも狭すぎる。

会社PCのメモリ使用状況

windowsOSは32bit版だと1GBの容量を占有するため、ユーザが利用することができるのは約3GBだ。
この状況で、上記アプリケーションを立ち上げると使用領域が2.8GBとなり、8割を超えてくる。
window製品は最低動作保障のメモリ容量を1GBと謳っているが、バージョンを重ねるごとにもっさりしている感が増していることは確かだ。(Visual Studioは顕著に重くなった)

結論

さっさと乗り換えよう。動作速度以外にもセキュリティに問題が出そうだし。
それ以上に、クソなPCしか使えない環境を改善するか、会社をやめたほうが良いのかもしれない。